頭頂部薄毛に悩む女性は意外と多い?おすすめの対策について

近年では頭頂部の薄毛に悩む女性が増えているのではないでしょうか。
一説では、女性の社会的進出が家事や育児とは異なるストレスを感じさせ、結果として薄毛を引き起こしているとの意見もあります。
男女の社会的云々は別としても、もし薄毛になったら大変ですから、お勧めの対策を考えましょう。

・頭頂部は全体の抜け毛のサイン

女性は基本長髪が多いです。
更年期以前に抜け毛が始まったとして、女性はゆっくり進行しますから、最初に目立ってくるのは頭頂部の分け目部分だそうです。
女性の薄毛は全体的に進行する場合が多いのです。
考えられる原因は、一番は強いストレスによる頭皮の血行不良です。
血行不良自体は男性の薄毛と原因が同じですから、対策も似ています。
まずは頭皮をマッサージして血行を改善しましょう。
シャンプーをするときや就寝前などに、指の腹で頭頂部を中心にもみほぐして下さい。
わずかにジンジンしたくらいで止めるといいでしょう。
そもそも論ですが、自分に合ったストレス解消法を見つけるのも良い手ではないでしょうか。

・食生活と睡眠は基本

血行の次に気を付けたいのは、食生活と睡眠です。
バランスの悪い食生活や睡眠不足は、抜け毛のみならずお肌の美容にも良くありません。
バランスの良い食事と併せて摂りたいのが、イソフラボンを含む大豆食品や亜鉛を含む牛肉、レバーなどです。
イソフラボンや亜鉛は、抜け毛を促進する酵素を抑制すると言われています。
日ごろ寝つきが悪い人は、適度な運動をして十分な睡眠を取れるようにします。
また睡眠は、できれば午後10時をめどに就寝するようにしたいです。
人の発毛サイクルは、この時間から活発化すると言われていますので、起きていると活動が緩やかになってしまいます。

働く女性が多い現代社会では、前述のような対策はなかなか継続が難しいと思います。
ただ薄毛対策は、同時に美容と健康のためでもあると言えますから、がんばってやっていきましょう。

AGAによる頭頂部薄毛は対策を行えば治すこともできる?

頭頂部が薄毛になる原因は大きく二つのタイプに分かれます。
一つは年齢や生活習慣、体質からなる薄毛と、もう一つは病気とみなされる薄毛です。
病気とみなされるものは一般にAGAと言われ、近年専門医による治療が盛んになっています。
ではAGAによる頭頂部の薄毛は、どのような対策を行えば治療または抑止できるのでしょうか。

・AGAのメカニズムを知る

AGAは日本語で男性脱毛症と言われ、男性ホルモンとその他固有の酵素により薄毛になります。
男性ホルモンとはテストステロンであり、固有の酵素とはジヒドロテストステロンです。
最近の研究では、単にテストステロンが増えただけでは薄毛にはならないと言われています。
ただ、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンに変化します。
このジヒドロテストステロンが毛乳頭の毛髪サイクルと早めて、脱毛を加速させるのです。
このことから、対策としては理論上いくつかのアプローチが考えられます。
男性にとって重要なテストステロンを抑止することは健康に影響を及ぼしますので、最も合理的なのは5αリダクターゼを抑制することです。

・5αリダクターゼの抑制法

5αリダクターゼを抑制するには、食生活の中でイソフラボンを含む大豆製品を多く摂るようにします。
更に、亜鉛を含む牛肉やシジミ、生牡蠣などを摂るのも効果があると言われています。
イソフラボンや亜鉛はサプリメントとしてもありますから、直接摂取してもいいでしょう。
また頭皮に直接塗ると効果があると言われているのがアロエです。
ただし、体質に合わず塗るとかぶれる人もいるので、パッチテストをお勧めします。

このようにAGAは加齢や生活習慣とは原因が異なった薄毛です。
自身ではAGAかそれ以外かの判別は、なかなか難しいと思います。
できれば専門医に診てもらい、薄毛の原因がどちらなのかの診断をしてもらいましょう。
日ごろ自身でできる対策を見極めるヒントになるはずです。

頭頂部薄毛は更年期からが本番?諦めずに対策を始めよう

女性は男性と比べて薄毛の悩みは少ないと言われています。
ただし、女性固有の更年期においては頭頂部が薄毛になる人がいます。
これは年齢によって月経が終わり閉経する際に、女性ホルモンの分泌が減少するため起こる症状です。
女性にとって髪は命ですから、更年期だからと諦めず対策をしていきましょう。

・原因そのものは男性と同じ

加齢とともに減少する女性ホルモンとは卵巣のホルモンのことで、専門用語でエストロゲンと言います。
エストロゲンが減少したのちに薄毛となったとして、薄毛そのものの原因は男性と同じです。
代表的なものは、更年期によるストレスが起こす頭皮の血行不良や、けだるさによる日常生活の乱れです。
従って頭頂部の頭皮をマッサージして、血行の改善を図るのが効果的です。
日常生活の乱れについては、不規則な食事と睡眠不足が挙げられますので、バランスの良い食事と適度な運動をするなどしてよく眠るようにします。

・プラスアルファの対策

頭頂部のマッサージと日常生活の乱れの改善だけでは、不十分な場合があります。
その場合は、これらの他に頭皮の健康を維持するビタミンCを積極的に摂取することをお勧めします。
タバコを吸っている人はビタミンCが失われますので、喫煙をやめたり量を減らしましょう。
ただし、そもそも喫煙がストレスのためである人は、頭皮の血行不良を防ぐという意味でもストレスの元を改善する必要がありますね。
また、体内に摂取するアンチエイジングには薄毛予防になるものがあると言われています。
代表的な食べ物に大豆食品や生野菜がありますので、こちらも積極的に摂りましょう。
その他の対策として、女性に特化した育毛剤を使ってみるのもいいでしょう。

更年期には体調の変化で、それまで感じなかったイライラや自律神経の乱れが起きます。
頭頂部の薄毛もそれらの一つの症状ですが、薄毛が気になると更に心の悩みとなり悪循環ですから、対策をしっかりやっていきましょう。

20代でも油断できない?若年層の頭頂部薄毛対策とは

自分は若いから大丈夫と思っている人は要注意です。
現代社会においては、例え20代であっても薄毛になる可能性があります。
仮に薄毛が始まれば、精神的にダメージを受けるのは前頭部よりも頭頂部ではないでしょうか。
そこで、若年層の頭頂部の薄毛対策について考えてみたいと思います。

・若年薄毛の原因を知る

若年の薄毛の原因は主に、生活習慣の乱れや強いストレスと言われています。
バランスの偏った食生活は、髪への栄養が不足してしまう原因となり得ます。
また睡眠が不足してしまうことも、発毛サイクルの乱れに繋がりよくありません。
更に強いストレスは血行不良を引き起こすと言われています。
仮にバランスの良い食生活をしていても、栄養が髪に伝わらないのです。
これらのものに心当たりがある人は、できるだけ早いうちに改善させたいですね。

・早期発見が大事

稀に遺伝によって、20代でも薄毛になる人はいます。
しかし大部分は20代では薄毛にはならず、または毛量の減少に気づきにくいため、対策をしようとは思わないもの。
20代は社会人の青春時代であり、仕事をするその一方で夜は遊びたい盛りでもあります。
このため、不規則な生活や食生活をして早い人では、20代後半にそのツケが回ってきます。
頭頂部が薄毛になるのか、前頭部が薄くなるのかは個人差がありますが、最悪頭頂部の薄毛は防ぎたいです。
対策としては、前述のような食生活、睡眠、ストレスに注意して予防することはもちろん、要は早期に薄毛を発見することです。
こまめに合わせ鏡などで頭頂部の様子を見たり、髪を指でかき上げたりして毛量を確認して兆候を疑うといいでしょう。
予兆の感じられない人は、シャンプー後のドライヤーで乾かしたときの毛量でその増減を見れば分かりやすいです。
いわゆる、頭頂部のアホ毛の量ですね。

薄毛は決して他人事ではないと認識して、日ごろからチェックし対策をすることです。
20代は意識が希薄ですから、今ある髪を大事にして下さい。

頭頂部薄毛対策を始めるなら押さえておきたい基本について

薄毛にもいくつかタイプがありますが、自身で気づきにくいのが頭頂部です。
シャンプーのときに頭頂部の髪のボリュームが無くなって、初めてハッとすると言います。
もし頭頂部の薄毛が気になりだして対策を始めるなら、基本として押さえるポイントを考えてみましょう。

・遺伝を参考にする

薄毛は遺伝が関係していると多くの説に有ります。
遺伝だから仕方がない、と諦める人も多いと思います。
しかし、遺伝かどうかを探ることは、実は対策をする上で貴重な情報となるのです。
まずは親や祖父の、自身と同世代時期の様子を聞いたり、写真で見たりして比較するといいでしょう。
もし薄毛なら、それが頭頂部なのかどうかを見れば遺伝の要素が多いと考えられます。
また親が薄毛ではない、または前頭部分が薄毛であれば、遺伝の要素は少ないと考えられます。
20代後半から30代後半の年齢にかけて、薄毛が気になりだしたらこれらの確認は重要です。

・同時に前頭部の生え際もチェック

頭頂部の薄毛またはその予兆を発見したときは、前頭部の生え際も観察することが大事です。
薄毛は主に前頭部の生え際、頭頂部またはその両方から起こるのが一般的です。
どのように薄毛になるかは、個人の体質や遺伝にも関係していると言われています。
従って基本的に、あれが原因で頭頂部が、これが原因で前頭部の生え際がという区別は無いと考えましょう。
薄毛の原因は、不規則な生活習慣やストレスによる頭皮環境の悪化や血行不良、遺伝、加齢などです。
観察することで、対策が頭頂部のみに必要か、前頭部も含めた髪全体に必要なのかを判断することができるでしょう。
頭頂部のみなら、そのぶん時間と費用の無駄がありません。

このように遺伝の要素がどの程度かを知れば、対策として何をどの割合で実施してゆくかどうかを決めることが出来ます。
その後、頭皮環境の良し悪しを見てプラスアルファの対策を考えていけば、効率の良い頭頂部の薄毛対策が出来るのです。