頭頂部薄毛対策に使っていきたい育毛剤の特長と選び方

昨今の育毛剤は、研究者の長年の努力から良いものがたくさん出ています。
薄毛になった部分ごとに対応するというような、細分化も進んでいます。
では頭頂部の薄毛に使っていきたい育毛剤とはどのようなものがあるのか、また選び方についても含め見ていきましょう。

・頭頂部薄毛のメカニズム

頭頂部が薄毛になるのは、原因となる男性ホルモンの影響を受けやすい場所であるからと言われています。
男性ホルモンとはジヒドロテストステロンの事で、DHTと呼ばれます。
DHTは、更に5αリダクターゼという酵素と結びついて薄毛を誘発します。
育毛剤のラベルに、DHT抑制或いは5αリダクターゼ抑制といった表記があれば、信用度は高いと言えるでしょう。
ただし、育毛剤を使うには、やはり前提として頭皮の血行が良いことが挙げられます。
いくら育毛剤を使っても、血行が悪ければ効果は期待できません。
育毛剤の中には、同時に血行を改善する成分を含んだものもありますので確認するといいでしょう。
無い場合は、マッサージや血行の良くなる食材を摂って改善を図ります。

・成分表を必ず確認する

最近、医師による薄毛治療でよく処方されているのがプロペシアという薬です。
効能はDHTの抑制に特化していると言われています。
市販の育毛剤の中には、直接プロペシアの成分を含むものは無いようです。
クリニック以外で購入することは出来ますが、プロペシアには性機能障害や頭痛などの副作用の可能性もあります。
個人の判断で飲むのはお勧めしません。
その代り同じ効果が期待できる天然由来のものとして、ノコギリヤシがあります。
育毛剤のボトルの成分表を見て、これを含むものがお勧めです。
また成分表には何mg含有するかも記載があるので、候補が複数あるときは参考にするといいでしょう。

頭頂部の薄毛に対する育毛剤は、基本AGA治療の知識に基づいて製造されています。
原因がAGAでないことも考えられますから、できれば購入前に医師の診断を受けるようにしたいです。