脂性肌タイプの頭頂部薄毛対策で重視したいポイントとは

皮脂の多少は人によって様々です。
脂性肌タイプの人は顔だけでなく、当然頭頂部あたりの皮脂も多くなっています。
もしもあなたが脂性肌の人なら、薄毛対策が必要である可能性がありますので、重視したいポイントを見ていきましょう。

・皮脂と薄毛の関係

頭皮は一定量の皮脂によって潤いが守られています。
この量が多くなると、見た目サラフワの髪が皮脂によってペタっとなり、毛量が減ったように見えるかもしれません。
また長時間放置すると臭いとなり、他の人から不潔だと指摘されることもあるでしょう。
しかし、単に皮脂が多いだけでは薄毛にはなりません。
皮脂が直接の原因なら、少量でも皮脂は分泌されている訳ですから、誰でも薄毛になってしまいます。
だた、皮脂が多量に分泌されるというのは、実は薄毛の原因となる男性ホルモンが増加したというサインなのです。
この男性ホルモンとはジヒドロテストステロンの事で、いわゆるDHTと言われます。
DHTはある種の酵素と結びついて、発毛サイクルを狂わせて薄毛になるのです。
DHTが多くなると、同時に皮脂も多く出ますから、脂性肌のタイプの人はDHTの増加を疑う必要があるのです。

・一定量を残して

頭皮を清潔に保つことは確かに大事です。
多い皮脂も、時間が経って固まると毛穴を塞ぐなどの弊害も出ます。
しかし前述のように、皮脂が多いというだけでは薄毛の原因ではありませんから、洗髪で皮脂を徹底的に落とすというのは危険なのです。
頭皮には一定の皮脂が必要で、全て落としてしまうと乾燥肌となり別の問題が出てきます。
ポイントは、一定の皮脂を残しつつDHTの活動を抑制する対策を行うことです。
DHTは、5αリダクターゼという酵素と結びついて薄毛を誘発します。
5αリダクターゼを抑えるには、食生活の中でイソフラボンを含んでいる大豆製品、亜鉛を含む牛肉やシジミ、生牡蠣などを摂ると良いでしょう。

このように薄毛対策は皮脂を落とすこととは限りませんので、正しく対策をしましょう。