皐月クリニックで行っている包茎治療について特徴や種類

皐月クリニックでは、包茎を3種類に分けています。
また、その手術方法は5種類あり、内1種類は切らない手術です。

・皐月クリニックの包茎の種類

このクリニックでは、包茎を仮性包茎と真性包茎、そしてカントン包茎に分けています。
仮性包茎は、包茎の中でも軽いもので日本人に多いといわれています。
これは勃起した時には亀頭に包皮がかぶさらないものから、勃起しても亀頭が包皮で覆われた状態のものまで色々あります。
真性包茎は、勃起したとしても包皮が亀頭からむけない包茎です。
これは包皮が亀頭を常に覆っているため早めの治療が必要だといわれています。
カントン包茎は、包皮の先の方が狭くなっているため包皮をむくことはできても、亀頭の根本の部分を締め付けたりしますので、ペニスが腫れたり場合によっては包皮が裂けることもあります。
これも早めの治療が必要なのだそうです。

・包茎手術の種類

皐月クリニックの包茎手術は、昔からのCC法の他にマイクロ法とマイクロVカット法、それにナチュラルカット法の切る手術があります。
もう1つは切らない手術で、軽めの仮性包茎の人の治療によく使われます。
切る手術のマイクロ法は、熟練の医師が患者のペニスの状態に合わせて手術します。
そして、この手術ではペニスの形などもある程度は自由にできるそうです。
マイクロVカット法は、亀頭の裏側の根本にある小帯という部分を残して包皮を切開します。
小帯は性感帯ですから、ここを残すことで今まで通りの感覚が保てます。
ナチュラルカット法は、上記のマイクロVカット法に形成外科の技術を取り入れたもので、より仕上がりが自然になる手術方法です。
仕上がりを優先する場合には、このナチュラルカット法を選ぶと良いでしょう。
切らない手術は、包皮を切開する代わりに、包皮をむいた状態を保つために包皮を糸でしばるだけの手術です。
これは手術時間も短く、切開しないため治りも早く、体への負担が軽いのが特徴です。

どんな包茎でどの手術方法を選ぶのかは、無料カウンセリングで相談して決めるそうです。
どんな手術方法を選ぶのかは、包茎の種類と治療費との兼ね合いでしょう。