20代でも油断できない?若年層の頭頂部薄毛対策とは

自分は若いから大丈夫と思っている人は要注意です。
現代社会においては、例え20代であっても薄毛になる可能性があります。
仮に薄毛が始まれば、精神的にダメージを受けるのは前頭部よりも頭頂部ではないでしょうか。
そこで、若年層の頭頂部の薄毛対策について考えてみたいと思います。

・若年薄毛の原因を知る

若年の薄毛の原因は主に、生活習慣の乱れや強いストレスと言われています。
バランスの偏った食生活は、髪への栄養が不足してしまう原因となり得ます。
また睡眠が不足してしまうことも、発毛サイクルの乱れに繋がりよくありません。
更に強いストレスは血行不良を引き起こすと言われています。
仮にバランスの良い食生活をしていても、栄養が髪に伝わらないのです。
これらのものに心当たりがある人は、できるだけ早いうちに改善させたいですね。

・早期発見が大事

稀に遺伝によって、20代でも薄毛になる人はいます。
しかし大部分は20代では薄毛にはならず、または毛量の減少に気づきにくいため、対策をしようとは思わないもの。
20代は社会人の青春時代であり、仕事をするその一方で夜は遊びたい盛りでもあります。
このため、不規則な生活や食生活をして早い人では、20代後半にそのツケが回ってきます。
頭頂部が薄毛になるのか、前頭部が薄くなるのかは個人差がありますが、最悪頭頂部の薄毛は防ぎたいです。
対策としては、前述のような食生活、睡眠、ストレスに注意して予防することはもちろん、要は早期に薄毛を発見することです。
こまめに合わせ鏡などで頭頂部の様子を見たり、髪を指でかき上げたりして毛量を確認して兆候を疑うといいでしょう。
予兆の感じられない人は、シャンプー後のドライヤーで乾かしたときの毛量でその増減を見れば分かりやすいです。
いわゆる、頭頂部のアホ毛の量ですね。

薄毛は決して他人事ではないと認識して、日ごろからチェックし対策をすることです。
20代は意識が希薄ですから、今ある髪を大事にして下さい。