皐月クリニックで包茎治療する際の麻酔の方法は?

皐月クリニックの包茎手術に使われる麻酔は局所麻酔と呼ばれているものです。
一旦麻酔が効いてきますと、ペニスは麻痺しますので痛みは感じなくなります。

・局所麻酔とは

皐月クリニックの包茎手術は局所麻酔をしてから行います。
局所麻酔とは、体の中のある部位だけ麻酔の効果があるという方法です。
包茎手術の場合には、ペニスとその周辺にだけ効きます。
ペニスの局所麻酔は普通は麻酔を注射しますが、この時には少しだけ痛みを感じるそうです。
なお、皐月クリニックの麻酔注射はペニスの根元部分にするそうです。
この局所麻酔の注射は、注射針や注射する人の技量によって痛みの度合が異なるといわれています。
注射針は細い方が、そして熟練した人が注射する方が痛くないそうです。
ただし、注射針が細いからといって痛みが軽いかといいますと、麻酔液の注入の速さによって痛みの強弱が違ってくるといいます。
皐月クリニックは熟練医師が揃っていますので、麻酔液の注入具合も上手ですから、注射の痛みはほとんど感じないといわれています。

・いきなり麻酔注射するのが嫌な時には

いくら痛くないといわれましても注射は注射ですから、いきなり麻酔注射をうたれるのを嫌う人もいるでしょう。
そんな人には、皐月クリニックでは段階を踏んで麻酔する方法も用意しています。
この方法は、最初に麻酔薬をペニスにスプレーして、表面部分だけ麻痺させます。
これで皮膚部分は麻酔が効いてきます。
あるいは、シール麻酔という方法もあってこれも表面だけ麻酔が効いてきます。
そして本番の麻酔注射をするのですが、この段階では注射針を射した時の痛みは感じないそうです。
一旦局所麻酔が効いてきますと、それが覚めるまでは一切痛みは感じませんので、手術中に寝ている人もいるともいわれています。

以上が皐月クリニックの包茎手術で行う麻酔の概要です。
これをお読みになれば、安心して手術を受けられるのではないでしょうか。